ONCE #5

五月病とは無縁のライブ


一言で表すなら、こうかな。

こんにちは。ちかです。
5月の井出さんのライブONCE行ってきました。
まだまだ、頭の中が落ち着いてないのですが、つらつら書こうかと思います。

今月は朗読劇とONCE#5の日にちが連続していたから遠征した人も多かったのかな?今月も会場はBATICAで、人がいっぱいでした。ぎゅうぎゅうだったよ!!
私も遠征組なので日にちあわせてくれるのは本当にありがたい。
朗読劇の感想はまた書くとして(たぶん笑)、ライブだ。ライブ!!
久しぶりにライブきたーーーー!!って感じでした。
誕生日以来(というか誕生日はライブというか結婚式だったしなぁ)、がっつりしたライブは2月以来なのではないか!?

https://twitter.com/Takuya_IDE_info/status/1129005025701683200

ひろろん髪切って、パーマしてるぅ~。
いけめん。いけめんひろろん。

メドレー、、、おっしゃるとおり凄かったよ。

16日のツイートで予習・復習が大事だと言っていた。


昔の曲、、まさか、龍雅??、、なわけないかハハハ
あ、でもココア男。はありえるか??
いやー、、ないかー、、、
それか、イクサイティングバラッドとか??


なんて想像してたのです。

先に言ってしまうけど、

予想全て当たってた
Magic numberは予想もしてなかったけど。

龍雅の曲が先で
Enter The Dragon
♪ROCK THIS WORLD
♪Glory days

の順だったかな。

そしてココア男。の曲に続いてくんだけどココアの曲あんまり知らないので曲名がわからん。~君が明日みるメッセージはどんな壁だって突破らってプレッシャーに勝つ~って歌詞が入った曲ってなんだろう?
Super Starと同じ歌詞だったから覚えていたので後で調べたら青春応歌でした。

セトリあげてくれたので、載せておきます。

https://twitter.com/Takuya_IDE_info/status/1130053244565069824

Young Takuya

DJ HIRORON MIXが龍雅とココア男。の楽曲のメドレーになります。ラップ部分だけを切り取ってMIXされていました。
エンドラ(Enter The Dragon)のイントロが流れた瞬間、泣きそうでした。正確には、驚きと嬉しさで泣きそうなんだけど、すぐに~視覚に(High!) 聴覚に(High!)~のHigh!を叫ばなければいけないので泣いている暇は無かった。
でも心の中では、かなりめそめそしていて、きっと目はうるうるしていたと思う。今でも車でよく聞いてるので、曲自体はそんなにお久しぶりって感じでもないんだけど(いや、正直に言うとほぼ毎日聞いている)、生で聞く龍雅のラップはラストライブ以来だったから久しぶりだった。一年半たった今でも、やっぱり龍雅が大好きなんだなと再確認した。手を上げるタイミングも、High!って叫ぶタイミングも、雅龍点睛って叫ぶところも、なんならロックの岸本さんのパートのうぉ~お うぉ~お~お~お~って歌うところも息をするように自然と出てきて、心と体でまた聞けるのを待っていたんだなと思った。

ココア男。は当時を知らなかったし、曲もサビくらいしか覚えてないのでさらっと流します。ココア男時代にSuper Starはできたのか。

DJ HIRORON MIXが終わって少しMC
なぜ、昔のグループの曲をやったのか。

4月のライブで歌詞をめちゃくちゃ間違えたので苦情がお手紙とかできたらしい。じゃあめっちゃ昔の曲やってそれでちゃんとできたら許してくれる? (´•̥ ω •̥` ‘)
って(なぜか口調が赤ちゃんだった)思ったそうで、19歳~26歳くらいのYoung Takuyaを詰め込んだそうです。
お手紙に苦情があったからと言って、「間違えた。ごめ~ん。
(。・ ω<)ゞてへぺろ♡ 」じゃなく、「じゃあ次間違えずにいっそめっちゃ昔のやつやったろやないかい!!」って闘志がみなぎるところが好きだったりする。
結果的に龍雅が聞けたので、ありがとうしかないのですがね。
「りゅうにみやびと書いて龍雅というグループと言います。」って久々聞いたわ。
(というか、4月のライブの感想のお手紙を渡せる日って、早くても朗読劇の初日だと思うんだ。それ読んで、ライブのセトリ決めたって事??ギリじゃない??初日5/14だよ。17,18はまた朗読劇だから実質15と16しか無かったって事??日程きつきつだね。そしてPCには音源すら入ってなかったから取り込んだって言ってたし、そっからどの曲やるか決めてミックスしてリハ、、よく間に合うね。大きなお世話だけど)

MCは長め。ワンマンはゆっくりできるから、いっぱい喋りたくなるね。って言ってた通り、いっぱい喋っていた。

MIXのあと、ホームステイのあと、Julietのあと、ってちょこちょこMCをしていた。どこで何を言っていたか忘れたので覚えてることだけですけど書いていきます。

朗読劇の話

前日まで朗読劇「天使がいた三十日」の舞台に立っていたこともあり、「舞台見に来たよ~って人?(手上げる)」
(ぱらぱら)「嘘でも手上げてぇ~ (。-`へ´-。) 」
(はーい)「嘘だろ!!」
昼と夜でお客さんの反応に差があったように思う。それに対して井出さん、素直じゃないんだから笑。
「じゃあ、都合によって来られなかった人いる~?」
(ぱらぱら)「 ෆ◕ㅂ◕ෆ  お? 見てない人いらっしゃると言うことで、あらすじを言うとね、、、 (o´▽`o) 」
ってうきうきあらすじを喋りだした。

あらすじ言いたかっただけやん。

~あらすじ~

妻に先立たれて、仕事もお金も何もかも失って死のうと思うわけですよ。そんな時に1匹の犬がやってくるわけです。
お金もないのにその犬が「ケーキこうて(買って)や」っていうんですよ。仕方なく買ったらその犬がまた「ケーキ食べようや」って公園で寒いのに、半分こするわけです。
ほんだら、その犬の飼い主は社長なんですけど(の弁護士)が「犬かえせや」ってゆうてくるんですよ。悪っるい社長が。「いやや、いやや」って言うんですけど、連れてかれる。
そんな話です。

会場「え~~~~。」
ブーイングの多さからなのか、さらに説明は続き、

またひとりになって落ち込んでるんですよ。で、またケーキを半分食べて、そのケーキを持ったまま、犬の家まで行くんです。雨の中をね。サイコやん。ケーキでっろっでろで「こないなケーキ、犬も食べたぁないやろ」って家に帰るんです。
家の玄関で大家に会ったけど無視して、ケーキ持ってた手で鍵を開けるんです。べっとべとの手で。シンクにそのケーキをぶん投げる、、
もう、号泣ですよ。
そんな話です。

え~~~!!
見てるこっちもあんなに泣いたのに。
ちょいちょい入ってくる関西弁のクセの強さよ。たしかに、でろでろのケーキは気になったよ。ケーキ持った手で鍵開けるねんや!?ってなったけど、もっといろいろあったやん。


「原作あるので、見にこれなかった方はそれを読んで、こんな役をやったんだって、見れなかったことを後悔して下さい。」


そもそもクセの強い関西弁であらすじが頭に入ってこないよ。
朗読劇は本当に悲しく切ないんだけど、あったかいお話でした。

18日の夕方の公演(井出さんにとっての千秋楽)で、ハプニングが起こったことも話していた。
テジュさんが出番じゃないのに出てきたこと。「芸暦26年と長くやってきて初めてみました。出番じゃないのに出てきた人。出番なのに出ない、"出とちり”はよくあるんですけど。」よっぽどびっくりしたらしく、HIRORONにこの日会った瞬間に言ったそうです。
「だって、ツーマンライブとかで、ゲストがラルクで(ゲストの例えがビッグすぎる笑)ハイドが「~♪♪♪~♪~♪~(ラルクの曲歌ってた)」って歌ってるときに、俺が出て行って、無言でステージの中央から(くるっとひるがえして)帰るって、ありえないよね。笑笑」

素の井出さん

「朗読劇のグッズの写真の俺、良くないですか?」
(話の流れがあったはずですが忘れた)
良いです。ほんとに素敵過ぎます。
パンフもS席特典のポストカードも良かった
ෆ⃛ෆ⃛(*///◡///*)ෆ⃛ෆ⃛
余談だが前の朗読劇(最果てリストランテ 今年の2月のやつ)のも良かった。

でも、できれば髪の毛切って欲しいけど。
そして、私が一番好きなのは、横顔。

「逆に、このビジュアルちょっとなって思うときあります?」
(お客さんに聞いている)「龍雅の、アルバムの、ジャケットの一つ」
(あー。一同納得)
「やかましいわ。茶色い方だろ。それ、俺も思ってたわ。」
本人も思ってたんだね。
「朗読劇の特典映像にビジュアル撮影した映像が入ってるんですけど、それ見たらわかるけど、ワンテイクごとに表情とか変えてるんですよ。龍雅の時も。それで何百枚撮って、なのに、何でこの写真!?ってのがあるわけですよ。まあ、カメラマンさんの相性とかあるからね。」

「でも撮影の前の日とか、食べるものとか気を使ってるんですよ。
塩辛とか食べないでおこうとか。(むくむから)気をつけてるんです。」


「昔はね、可愛い系だったんですよ。ココアのときとかはまだ可愛いでいいかって。でも、だんだん年齢が行ってくると、"あ、この笑顔は嘘やな”とか"もうこの顔は無理やで”とか可愛いじゃ通用しなくなってくるんですよ。で、龍雅になったときがカッコいいに変わる良いタイミングかなって思ったんです。
でも、グループの中でのカッコのつけかたって、また違うじゃないですか。 (指差しとか、かっこいいポーズを3~4ポーズくらい真顔で決める井出さん)
もう今は何も考えず、普通にしようと思って、こんな感じです。
今、俺一番かっこいいとおもうんだよねー。」
(ぱちぱちぱち)

確かに、ココアの時の可愛いたくちゃんが好きっていう人は龍雅になってからのギャップに戸惑ったんだろうなー。龍雅のときも"龍雅の井出卓也”であって、井出卓也とは別の人という印象があった。セクシープリンスと名乗っていたときもあったし(いつからか名乗らなくなったから自分で違うと思ったからやめたのか、やめさせられたのかわからないけど)、素というか、もっと普通でいいのになーと思っていた。
「手紙にもね、素のたくちゃんが好き。って書いてあるんですけど、あんたら素、しらんやろ!素なんて、だらっだらですよ。眼鏡かけたまま寝てるし。寝返りのときに眼鏡が当たってかたとかついてんだよね。あれ、びっくりするよね笑」

曲中とか、曲間とかになぜか"だらだらな素"を申告していた。
ホームステイのときかなぁ。まとめておきます。
・電気のリモコンを持ったまますやすや寝ていた(電気はつけたまま)
・あたま(前)にカーラーがついている
これに眼鏡を足して、最近の目覚まし音は「ニャースのパーティ」だそうです。
「毎朝毎朝、朝も早よから、ニャースがパーティ開くんですよ、、(ニャースのパーティを歌う。似てた)」
って、自分で毎朝アラーム設定してるからやん。

Juliet(新曲)

5月の新曲はJulietという曲でした。
ラブソングです。
好きで好きで震える系ではなく、聞いた印象は弾むような可愛らしいラブソングだった。
曲調ははじめてのチュウみたいな曲。

作ったきっかけは友達の結婚式に流せる曲が書きたかったから。それとサカノウエヨースケさんに、「恋人もおらんから、ラブソングなんか作れへんやろ」と言われたからだそうだ。
「にいさん、そりゃちゃいまっせ」と、
「そんな事をいわれちゃぁ、書いたろやないかい」ってできた曲がジュリエット。(また闘志がわいているのか。ほんと、そういうとこ好きだなぁ。)

ジュリちゃん?
井出さんちのワンちゃん?

ってなったけど、言わなくても好きってわかるよね?みたいな感じで、穏やかな日々を一緒に歩んでいくあったかい曲だった。言わなくてもわかるって、「(言わなくても)好きに決まってんじゃん、ばーか」って言ってた3月の結婚式のことをちょっと思い出した笑。
(井出さんは好きだと素直に言わない)

付き合いたてほやほやのドキドキした感じではなく、付き合ってお互いのことをよく分かっててそばにいて安心する関係って感じかなぁ。おじいちゃんおばあちゃんが仲良く手つないでる感じのほほえましい感じ。

ライブノチケトヲタテマツル

4月の新曲です。
これまた、衝撃作!!!
(衝撃作のできる頻度が多すぎてもはや慣れ、、だいたい2ヶ月に1曲の割合。この頻度だと、6月の新曲は衝撃作ということになる。)
MINMINに匹敵する異様さと中毒性がある。
先月は行けなかったので、私にとって今回が初タテマツリでした。

あの世界は、ライブに行かないとわからないなー笑

曲調もなんとなくインドっぽいような気がする。宗教ちっくで、宗教と言うなら新興宗教だね。井出様教祖様。
まあ、”奉る”というと神様に献上するとかの意味で使われるからそんなイメージで作ったんだろう。
終盤に、割と長くお祈りする時間がある(8小節くらい?)。お祈りというか、「手を出すな(だったかな)転売屋」と井出様が言ったら、「ライブノチケットヲタテマツル」と叫びながら、合わせた手を上下に動かす運動をするのである。信者が叫んでいる間、井出様は舞うのである。


舞。

ぐるんぐるん舞っていた。


だいぶ盛り上がったので夜の部では上のシャツを脱いでタンクトップで舞っていた。
「こっちも本気だそう。」って。
HIRORONも手を合わせていた。

宗教、教祖様井出様、信者、といろいろ書いているが内容はいたって健全である。
ライブのチケットの価値は、交通費・宿泊費込みの値段である
お母さんを連れてライブに、お父さんは留守番
学校の先生も、ライブのチケットを必死に探してる
彼氏の嫉妬は無意味

覚えてるだけでこんな感じの歌詞だったと思う。


人気のチケットは転売屋で売られてそれを買うことで更に転売屋が増えて更にチケットが取りにくくなる。そんな最近のチケット事情に対しての問題提起と、本当のチケットの価値とは?その価値に見合ったライブをしているかとの問いかけである。舞いに気をとられているが、歌詞の内容はいたってまじめで社会派である。本当のチケットの価値とはチケットを取るという労力からライブ会場に足を運ぶ時間プラス交通費・宿泊費込みの価値だということをライブを開催する側から発信していることに意味があると思う。
こういうことを真剣に考えている人だから安心して(?)遠征しようってなるんだよなぁ。そこまで言うんだったら「面白くないライブなんてしないでしょ」って。



井出さんの希望としては、対バンライブとかでお客さんのタテマツリ運動を見たいらしい。
「手と手にチケットを挟んで、皆で手を上下に動かす。対バンとかでやってるの見たいんです。きっと凄い光景だよね。」

いや~、、周り結構引くと思うけど!?
対バンとなると、7/9のOTODAMAと7/20のヨースケコースケか。
対バンって、色んなグループのファンがいて初見の人が多いから割とわかりやすく盛り上がる曲とか、耳なじみがいい曲とかを持ってきたほうがいいと思うんだけど、大丈夫かなぁ。
タテマツルをもってくるなら、チル系のTrainとかをやって、そのギャップを楽しんでもらうか、ラッキーデイで盛り上がるか、バランスとらないとね。
イケメン・MINMIN・ライブノチケットヲタテマツルの3曲だったら初見はどう思うかね?衝撃しか残らないか笑。その辺は、初見でも楽しめるよう井出さんが考えるでしょう。


まあ、対バンでタテマツルやるんだったら、こちらとしてもお祈りするけどね。

いろいろと書きましたが、楽しい曲です。
一回見ちゃうと、タテマツルいつ来る?まだか、、来たーーー!!笑
ってなる。
そして教祖様との一体感が生まれます。
二の腕運動にもなるし、頻繁にやってたらダイエット効果あるかな
(。-`ω´-)

一つ懸念があるとしたら、手のひらでチケットを挟むとチケットが手汗でしわしわになると思うんだよなー。夏だし。私、チケットはフォルダーに入れて保管しておくタイプなので、手汗べとべととか論外なんです。
チケット型のグッズとか売ってくれたらいいのに。チケット型のうちわとか、友達と話してたけど、チケット型のペンライトとかどうですかね?
対バンで目立つし、「あれ何??」って話題になると思うんだよねー。

検討して欲しいなぁ。チケット型ペンライト。
BATICAはメールで予約だからそもそもチケットが無いからね。

オリジナルドリンク

急にお知らせがきていました。

https://twitter.com/Takuya_IDE_info/status/1130011370869497856

BATICA限定のドリンクです。
井出さんが考えたのね。
DJ RADIO JACK HONEYとベリーソーリーを飲みました。
どっちもあんまり甘くなかったです。すっきり飲みたいときにおすすめです。
DJ RADIO JACK HONEYは結構アルコールきつかった。ふつうにハイボールみたいな感じ。お酒弱い人はご注意です。

井出さんはというと、ライブ前とライブ後に皆が何を飲んでいるかこっそり聞いていたみたいです。

誰かが「言いにくそうに小声で注文をしていたら、店員さんに、「ベリーソーリーですね!!」って大きい声で言われてて面白かったです。」ってしっかり聞いていた。

今回だけなのか、次回のBATICAであるのかわからないけど、毎回置いてて欲しいなー。つぎはピナコラコラダ頼もう。

ちなみにアルコールが入っている2種類はドリンクチケットを渡すとプラス100円でした。

ライブ後のベリーソーリー
RADIO JACK
PINA COLADAというか、ラッキーディ?
謝る気、さらさらないやろ

ドリンクの話になり、「皆さん、お酒は飲むんですか?」
(ちらほら)はーい
「じゃあ、普段何のむんですか?」
「水?」
「何の水が好きですか?」
(は?何のって何よ?)
「私はねぇ、クリスタルガイザーが好きです。ふたが薄いやつ。でたぷたぷに入ってるから、ふた開けたとき絶対ちょっとこぼすやつ。ちょっと前にコントレックスとか流行ったでしょ?あれはねぇ、硬くて飲めないです。」

(水の銘柄かよ)
私は水を買うとしたら南アルプスの天然水かなー。


何の情報やねん。

ちなみに、BATICAで「水を下さい」って言ったら500mLのクリスタルガイザーをくれます。井出さんの好きなやつです。

次のライブは大阪!!!

さて、次回のONCE#6は大阪です。
6/30 道頓堀WAXXにて、13:00~と17:00~
ツーマンライブでゲストがVOGさん。去年の10月頃に一度対バンでご一緒された方です。その対バン良かったらしいので楽しみだなー。

「大阪から来た人~?」
(ちらほら)
「今度は、君のところに行くからね ( ^ー゜)σ 」

「じゃあ、関西とか東京以外から来た人~?」
(はーい)
「新幹線で来たよって人~?」
(わりと、はーい)
「新幹線で行くから!HIRORONと」
交通手段は別に何でもええけど。
お気をつけてお越し下さい。

どんなポーズよ笑

長堀橋って近いけど、降りたりはしないよねー。
ざっくり難波と本町の間か。心斎橋から長堀鶴見緑地線だね。
私は日本橋から歩こうかなと思っている。

Takuya IDE ソロとしては初の大阪遠征なんだそうです。
ご興味を持った方は是非、井出さんのサイトのLIVEページまで!!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

ではまた。

chikaduffyt

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする